初めてのスポーツジム選び!学生におすすめなのはどんなジム?

大学生になったのを機に健康や美容を意識して自宅で筋トレを頑張っているという学生は多いのではないでしょうか?スポーツジムはお金がかかりますし、自宅でも充分鍛えることができると考える人もいるでしょう。しかし、スポーツジムには自宅での筋トレにはない様々なメリットがあります。

今回は、スポーツジムに通うことで得られるメリットや学生におすすめのスポーツジムについて解説します。

様々な器具があるので楽しみながら筋トレができる

自宅での筋トレのやり方もインターネットで検索すると様々なものが紹介されています。それらを参考にしているという方は多いでしょう。しかし、それでもパターンは限られてしまうので飽きてしまいますよね?飽きてしまうと辞めてしまうか、筋トレが義務のようになってしまって楽しくありません。

スポーツジムなら、様々な器具があるので使い方を覚えながら楽しく筋トレをすることができます。自力での筋トレでは鍛えることが難しい部分も鍛えることができ、より筋肉を細かく部位分けして考えることができます。同じところしか鍛えることができない自宅での筋トレに比べると、スポーツジムでの筋トレはよりバランスの取れた美しい身体を手に入れやすいのでボディメイクが目的の人の多くはスポーツジムを利用しています。

重量を変えることができるので追い込むことができる

男性の方は「筋肉を大きくしたい」という想いで筋トレをしている方が多いです。筋肉を大きくするためには、強い負荷をかけた筋トレをして回復させるというサイクルを実践する必要があります。限界まで来たら負荷を軽くして追い込みをかけるという人もいます。

楽にできるような筋トレでは余程、回数を重ねないと筋肉を肥大させることは難しいのです。でも、それだけの時間を筋トレに割くことは難しいという方が多いでしょう。スポーツジムのマシーンを使った筋トレは重量をそれぞれのレベルに合わせて自由に変えることができます。

ダンベルやバーベルに取り付けるプレートも軽いものから重いものまでスポーツジムなら揃えられています。自宅での筋トレに比べると重量の選択肢が多いのです。高重量のトレーニングをしたい人でなくてもスポーツジムはおすすめです。

雨の日でも有酸素運動ができる

筋トレと共に有酸素運動をしているという方も多いでしょう。スポーツジムには、トレッドミルやエアロバイク、クロストレーナーなど有酸素運動のマシーンもあります。梅雨の時期など、雨によって予定していた有酸素運動を邪魔されてしまった経験がある人は多いでしょう。

また、雪の場合、天気が良くなってからでも残った雪によって有酸素運動をするのは危険と言える状況になってしまうこともあります。スポーツジムなら、屋外での有酸素運動が困難な雨の日であっても快適に有酸素運動をすることができます。

トレッドミルを使用したランニングは実際に走るよりは前に進まなくていいので楽になってしまいますが、傾斜をつけることで負荷をかけることは可能です。筋トレはスポーツジムで行い、有酸素運動は屋外で行うという人も雨の日はスポーツジムで対応しています。

筋トレを習慣化させることができる

筋トレが長続きするか不安だという方には、スポーツジムがおすすめです。筋トレを途中で辞めてしまう理由としては、飽きてしまった、面倒くさくなったなどが考えられます。自宅での筋トレはパターンも限られてしまいますし、成果が見えるまで時間もかかるのでこのような気持ちになってしまう危険性が高いと言えるでしょう。

でもスポーツジムなら気分によって様々な筋トレをすることができますし、重量を上げることで長期間、レベルアップし続けることができるので筋トレをするモチベーションを維持しやすいと言えます。また、会費を払うことでジムを使わなければ勿体ないという心理も働くのでサボりがちな人であっても筋トレを継続させることができます。

できるだけ安く済ませたいなら24時間ジムがおすすめ!

メリットが多いということは分かっていても、高いお金がかかるならやはりスポーツジムの利用は避けたいというのが学生の本音ではないでしょうか?しかし、近年は月1万円未満で利用できるリーズナブルなスポーツジムも多くなっています。

スポーツジムにも様々なタイプのものがありますが、中でも学生におすすめなのは全国展開する「24時間ジム」です。参考リンク>>スポーツクラブ大手:MEGALOS

「24時間ジム」はコンビニのように24時間、会員ならいつでも使えるジムです。ジムの営業時間内に時間を作る必要がないので忙しい現代人の間で需要が高まっています。でも、24時間ジムが人気を集めている理由はそれだけではありません。

料金が他のタイプのジムに比べると安いのです。24時間ジムは、スポーツジムに特化したタイプのジムでありプールやお風呂などの施設がついていません。その分会費が安く設定されています。それでも、マシーンを使った筋トレやフリーウェイトトレーニングができて、有酸素運動のマシーンもあるので設備が不充分であると感じる人はほとんどいません。

⇒スポーツジムで着るウェアを選ぶ方法

施設の充実度にこだわりたいなら総合フィットネスクラブがおすすめ!

スポーツジムに加えて、プールや大浴場、テニスコートなども同時に設置されている場所が総合フィットネスクラブです。「コナミスポーツクラブ」や「ルネサンス」が代表的です。24時間ジムに比べると、施設が充実している分会費がやや高めに設定されていることが特徴です。

また、営業時間外は利用できないというデメリットもあります。会費については、営業時間内ならいつでも利用できるプラン以外にも平日のみ利用できるプラン、夕方以降のみ使えるプランなどを選択できるので自分に適したものを選ぶと費用を抑えることも可能です。

会費が高いので学生で利用している人はあまり多くはありません。ですが、ジムに行くことができる回数が限られている人は場合によっては総合フィットネスクラブの中で適切なプランを選択した方が24時間ジムより安くなることもあります。

どうせやるなら充実した施設でやりたいという方は近くの総合フィットネスクラブで用意されているプランを確認してみましょう。

24時間ジムにするなら「エニタイム」がおすすめ!

24時間ジムを選択するのであれば、学生には「エニタイム」がおすすめです。エニタイムはアメリカ発祥のスポーツクラブです。低価格でありながら設備が充実しており人気があります。

会費は所属する店舗によって異なるので、割に合わない会費を請求されることもありません。また、エニタイムは所属店舗以外の店舗も利用できます。利用開始日から31日経過した会員は、一つのキーで世界中の「エニタイム」を利用することができるのです。

所属店舗より高い店舗を利用し続けた場合、移籍扱いとなり会費が変わってしまうのでその点は注意が必要です。価格も安く、設備も充実しているうえに部活動で遠征することが多い学生でも遠征先の店舗を利用できるエニタイムは学生にとってメリットの多いスポーツジムだと言えるでしょう。